医師紹介

院長 呉 彰 (くれ あきら)

院長写真

鳥取大学医学部を卒業後、鳥取大学医学部附属病院・関連病院、ならびに静岡県立こども病院で、小児白血病・小児がんの治療に携わってきました。その診療のなかで、多くの子どもたちに出会い、ともに喜び、また救えない命に涙してきました。今、日本は、小児がん患者さんの7~8割は生存することのできる医療レベルとなっています。それを支えているのは、治療薬の進歩だけではなく、抗がん剤治療で免疫力が低下した患者さんの感染症の予防・治療の進歩が大きな役割を演じております。

私は、そういった治療を通じ、適切な感染症治療を行うにあたり、ヒトの生まれ持った免疫力がどれほど大切なものか感じてきました。そこで培った免疫アレルギー学・感染症学の経験を活かし、感染症の適切な治療、食物アレルギー・喘息の治療、予防接種の推進により、お子さんが健康に過ごせるようお手伝いしてまいりたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。


略歴

1976年 京都府峰山町(現 京丹後市)生まれ
1995年 兵庫県立小野高等学校卒業
2001年 鳥取大学医学部卒業
2001年 鳥取大学医学部小児科入局
2002年 津山中央病院小児科
2003年 鳥取大学医学部附属病院小児科
2007年 静岡県立こども病院血液腫瘍科
2008年 鳥取大学医学部附属病院小児科
2012年 米子医療センター小児科
2013年 松江市立病院小児科
2016年 くれこどもクリニック開設


日本小児科学会認定 小児科専門医
日本血液学会認定 血液専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医


所属学会:日本小児科学会、日本小児血液・がん学会、日本血液学会、日本外来小児科学会

副院長 呉 博子(くれ ひろこ)