2020年10月1日より予防接種の大きな変更点が2点あります。

 2020年10月1日より、予防接種に関する2点の大きな変更点があります。これまでのルールと大幅な変更となるためご注意ください。ただ、不利益な点が増えるわけではなく、良いルール変更だと考えられます。

 

ワクチン同士の接種間隔の規制が少なくなります。

 これまで、生ワクチン接種のあとは4週間、不活化ワクチンのあとは1週間あけるという慣習がありました。かねてより、不活化ワクチンのあとの1週間に医学的意味がないことは言われておりましたが、それがようやく撤廃されました。

 

 今後は、注射の生ワクチン同士のみ4週間あけるというルールのみが残ります(同時接種はこれまで通り可能です)。注射生ワクチン同士の場合、抗体価の上昇率が悪くなるためです。

注射生ワクチン:BCG(結核)、MR(麻疹風疹)、水痘、おたふく、黄熱、麻疹、風疹

 ※ロタウイルスワクチンは経口摂取のため該当しません。

(不活化ワクチン:ヒブ、肺炎球菌、B型肝炎、4種混合(DPT-IPV)、3種混合(DPT)、2種混合(DT)、日本脳炎、ヒトパピローマウイルス、インフルエンザ、A型肝炎、狂犬病、髄膜炎菌)

 

 今後は、生後8か月ごろに接種するBCGと、1歳で接種するMR+水痘+おたふくの間隔のみご注意ください。

 日本脳炎ワクチンを接種した翌日にインフルエンザワクチンを接種するなどが可能となります。ただ、1回目の接種と2回目の接種を1か月あけるなどのルールのあるワクチンは多くありますので、それぞれのワクチンに定められた接種間隔はこれまで通り守る必要があります。

 

ロタウイルスワクチンが定期接種化されます。

 生後2か月から接種しておりましたロタウイルスワクチンが10月1日から定期接種化されます(松江市以外にお住まいの方で島根県予防接種広域化事業に伴う方は11月1日以降)。2020年8月1日出生以降の方が対象となります。

 

 完結するために3万円前後かかっていた費用が公費負担となるため、患者さんの支払いは0円となります。(嘔吐した際の再投与をご希望の際は自費15000円です。)

 

 

 ワクチン事業が行政主導であるため他にも謎ルールがいくつもありますが、それらも徐々に撤廃されることを願う今日この頃です。

 

2020年09月20日