受診方法について(2022年12月1日時点)

オミクロン株となり、第7波では、基礎疾患のない小児の死亡例が週2~3人のペースで報告されました。第8波でも同様になろうかと思われます。

少しでも感染者の増加スピードを緩めるために、日々の診療にいろいろ制約をかけてございます。ご不便をおかけいたしますが、ご協力の程よろしくお願いいたします。

現在、直接来院はすべてお断り致しております。以下お読みの上WEBか電話で順番取りをしてご来院ください。トイレの使用もできませんので、ご自宅でお済ませの上来院してください。

新型コロナ発症後14日間は当院内への立ち入りをご遠慮致します。付き添いの方も同様です。それ以外の人が付き添うようお願いいたします(どうしても難しい場合は、ご連絡ください)。

通常の受診の人(コロナ疑いの人も含む)

 発症後14日以内のコロナ患者さんと同居していない人は、通常通り受診してください(事前の連絡も不要です)。希望者には保険診療(公費)でコロナ検査を行います。無症状の方の検査希望の場合は自費(15000円)で鼻腔での核酸増幅検査を行います。

 ※同居の家族内に発症後14日以内のコロナの人がいる人、そのほか、コロナ罹患の疑いが非常に強いと思う人はwebでの順番取りの際に「コロナ発症後14日以内の人と同居している」や「新型コロナの可能性が高いと思う」を必ずチェックしてください(駐車場に着きましたら、0852-61-0905に電話をお願いします)。入り口は右裏の隔離室入り口から入っていただきます。保険診療でコロナ検査を行います。※同居の家族内にコロナの方がおられる場合には、検査不要の場合(みなし陽性)もございます

コロナ陽性患者さん(発症後14日以内の人)

 7日間の自宅療養期間が過ぎてもウイルスの排出が続く場合があることと、自宅待機中のはずの同居家族の方が付き添われるケースがあるため、当院では発症後14日間は当院内への立ち入りを禁止としております。

熱や咳などの症状がある人
 電話での受診相談や、診療を行います。0852-61-0905(看護師直通番号、9-12時、15:30-18時のみ)

②症状の重症化、呼吸苦、意識混濁、クループ、痙攣などがある人
 緊急と判断される場合には、直接救急車を要請されるか、市立病院・松江赤十字病院にご相談ください。準緊急の際には、当院に連絡ください(診察、必要に応じて紹介状を記載致します)。

対応に悩まれる際には、当院に相談ください(0852-61-0905、9-12時、15:30-18時)。

個人で購入された新型コロナ迅速キットにより陽性反応が出た人

 webでの順番取りの際に「自宅の検査キットで陽性がでた」を必ずチェックして、受診してください(駐車場に着きましたら、0852-61-0905に電話をお願いします)。

当院は島根県から指定を受けている「診療・検査医療機関」です。小児の方で、発熱などがあり新型コロナウイルス感染症を疑う患者さんに対して、通常の保険診療として迅速等温核酸増幅検査(PCRと同等の検査です)と迅速抗原検査の2種類を行っております。


新型コロナウイルス感染症関連情報

 島根県薬事衛生課ホームページで最新情報を確認の上行動していただきますようお願い致します。
また、コロナウイルスを疑うか否かにかかわらず、当院受診の際には、マスクの着用(2歳以上の方のみ)をお願い致します。

各種情報は、島根県薬事衛生課ホームページをご覧ください。


松江市の新型コロナ発生状況


厚労省一般向けQ&A


日本小児科学会での新型コロナウイルス感染症に関する Q&A


VPD会員、おおた小児科 太田医師の記事「予防接種、緊急事態宣言中も延期はNG!小児科医が「受け方」を提案」

クリニックからのお知らせ

2022年11月27日
新型コロナウイルスワクチン(5歳以上~11歳以下) 当院での個別接種のお知らせ
2022年11月21日
2022年11月30日からの午後診療時間変更のお知らせ
2022年11月07日
新型コロナ後の当院での対応(2022,11,7版)
2022年08月25日
インフルエンザワクチンのお知らせ 2
2022年07月30日
★一般診察 受診の手順(コロナ以降)2022年7月30日版
2022年05月03日
ヒトパピローマウイルスワクチンのキャッチアップ接種が始まりました
2022年05月03日
ヒトパピローマウイルスワクチンについて
2022年01月02日
病状相談のお電話について
2021年10月14日
10歳以上用三種混合ワクチン接種開始のお知らせ
2020年11月01日
★予防接種 受診時の注意点(コロナ以降)
» 続きを読む

流行の感染症

新型コロナウイルス感染症がやや流行しております(発熱患者さんの20‐30%程度、コロナ疑いの患者さんの90%程度が陽性となっております)。小学生での発症者が毎日数人おられます。

喘息発作を起こす患者さんが増えてまいりました。

そのほか、咽頭炎、咳風邪(ヒトメタニューモウイルス感染など)などが散見されます。

(2022年12月1日記載)

県内の感染症情報は以下島根県感染症情報センターの報告をご確認下さい。県内全域の流行状況の週単位の概況と、過去5年の感染情報との比較のグラフもご覧になれます。

当院はオンライン資格確認等システムを導入している医療機関です。マイナンバーカードを健康保険証として利用された場合には、薬剤情報、特定健診情報その他必要な情報を取得・活用して診療などを行います。
尚、当小児科クリニックにおいては、これまで通り健康保険証とお薬手帳、必要に応じて母子手帳を提示していただければ、十分でございます。